コーヒーは高血圧の原因?いやいや、1日数杯飲み続けると死亡リスクが減るんです

coffi004

コーヒーは高血圧の原因とまで言われていますが、国立がんセンター予防研究グループが調査結果によると実は一日数杯の摂取することで死亡リスクを減少するようです。

コーヒーと死亡リスクとはどう関係しているのか

コーヒー研究

コーヒーに含まれるクロロゲン酸、カフェインが体内機能を改善している可能性があるようですが、

なぜコーヒー摂取で死亡リスクの低下が見られるのでしょうか。

血圧を調整する効果

第一に、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が血糖値を改善し、血圧を調整する効果がある上に、抗炎症作用があるといわれています。

血管内皮の機能を改善する効果

第二に、コーヒーに含まれるカフェインが血管内皮の機能を改善する効果があるとされています。また、カフェインには気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果があるのではないかと言われています。これらの効果が、循環器疾患や呼吸器疾患死亡につながる危険因子の調整に寄与しているのかもしれません。

がんに関する効果について

本研究ではがん死亡については有意な関連が見られませんでした。部位別に行われた先行研究では、コーヒー摂取と肝がん、膵がん、女性の大腸がんと子宮体がんのリスク低下との関連が示唆されていますが、全がん死亡では他の部位のがんも総合して分析を行ったため、有意差がなくなった可能性が考えられます。

コーヒー摂取は死亡リスク低下と有意な関連がある

120827NEWScf01

今回の結果から、一日4杯までのコーヒー摂取は死亡リスク低下と有意な関連があることが示唆されました。この研究で用いた質問票では、缶コーヒー、インスタントコーヒー、レギュラーコーヒーを含むコーヒーの摂取頻度を尋ねており、またカフェインとカフェイン抜きコーヒーを分けてはいませんので、この点をご留意ください爆笑


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>